ドコモ新プラン【ギガホ/ギガライト】で変わるもの、なくなるもの

速報

2019年4月15日にドコモから新料金プラン【ギガホ】と【ギガライト】が発表されましたね。

 

【ギガホ】は30GB/月の定額プランで超過すると最大1Mbpsへ速度制限。

 

【ギガライト】は1~7GB/月の段階プランで超過すると最大128Kbpsへと速度制限。

 

2019年5月22日(水)から予約受付開始、6月1日(土)からサービス開始となっています。

 

この新プランの登場により一体何が変わるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

端末代金の割引サポートがなくなる

 

新プランが登場することにより、これまでのような端末代金の割引サポートはなくなります。

 

  • 月々サポート
  • docomo with
  • 端末購入サポート

 

継続中の場合は引き続き割引が適用され続けますが、もしも新プランの【ギガホ】や【ギガライト】へ移行した場合は割引はその時点で終了となります。

 

 

スポンサーリンク

シェアパックもなくなる

 

家族などのシェアグループ内でパケットを分け合えるシェアパックも新プランの登場により新規申し込み受付が終了します。

 

ただし、現在シェアパックを契約している方は引き続き継続して利用可能です。

 

 

スポンサーリンク

料金は安くなる?実質値上げでしょコレ

 

新プラン【ギガホ】【ギガライト】登場により、料金は2~4割安くなるとのこと。

 

通信料金と端末代金を切り離す「分離プラン」に則った形での新プランとなっているわけですが、私からするとこれは実質的な値上げのように思えてなりません。

 

ドコモやau、ソフトバンクといった3大キャリアを利用する最大の理由は次の3つだと思うんですよね。

 

  • 通信速度が早い
  • 機種代金の割引が大きい
  • キャリアを変えるのが面倒

 

中でも端末代金の割引は私にとっては一番大きなメリット。

 

この端末の大幅割引があるからこそ、2年に1度のペースで新しい機種へと更新し続けてこられたわけですが、このメリットがなくなってしまうのなら、特に3大キャリアにこだわる必要もなくなってくるわけです。

 

私の家族は今は全員ソフトバンクを契約しているのですが、次の機種変更は端末割引があるドコモにしようかとひそかに考えていたんですよね。

 

正直なところせめて次の機種変更まではそっとしておいて欲しかったなぁ…。

 

 

スポンサーリンク

ドコモ、au、ソフトバンクのプランを我が家に当てはめてみた

 

最後に、ドコモの新プランとauのプラン、ソフトバンクのプランを私の家族(3人)に当てはめた表を作ってみました。

 

条件は次のとおりです。↓↓

  • 3人とも大容量のデータプランであること
  • 音声プランは私(かけ放題)、妻・子(5分通話無料)
  • ネット回線契約とのセット割引はなし

 

 

【ドコモ新プラン[ギガホ]】家族3人の場合

 

ギガホ
(30GB)
6,980円
2年定期契約あり
6,980円
2年定期契約あり
6,980円
2年定期契約あり
音声オプション 1,700円
かけ放題
国内通話無料
700円
5分通話無料
700円
5分通話無料 
みんなドコモ割
(3回線以上)
-1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 適用外 適用外 適用外
ギガホ割
(~6ヶ月)
-1,000円 -1,000円 -1,000円
合計
(~6ヶ月)
6,680円 5,680円 5,680円
3人合計
(~6ヶ月)
18,040円
合計
(7ヶ月~)
7,680円 6,680円 6,680円
3人合計
(7ヶ月~)
21,040円

※すべて税抜

 

 

【auフラットプラン30】家族3人の場合

 

auフラットプラン30
(30GB)
9,500円
(カケホ)
2年契約あり
国内かけ放題
8,500円
(スーパーカケホ)
2年契約あり
5分通話無料
8,500円
(スーパーカケホ)
2年契約あり
5分通話無料
auスマートバリュー 適用外 適用外 適用外
スマホ応援割
(~1年)
-1,000円 -1,000円 -1,000円
合計
(~1年)
8,500円 7,500円 7,500円
3人合計
(1年~)
23,950円
合計
(1年~)
9,500円 8,500円 8,500円
3人合計
(1年~)
26,500円

※すべて税抜

 

 

【ソフトバンク[ウルトラギガモンスター+]】家族3人の場合

 

ウルトラギガモンスター+
(50GB)
7,480円
2年契約あり
7,480円
2年契約あり
7,480円
2年契約あり
通話オプション 1,500円
定額オプション
国内かけ放題
500円
準定額オプション
5分通話無料
500円
準定額オプション
5分通話無料
みんな家族割+ -1,500円
3人で契約
-1,500円
3人で契約
-1,500円
3人で契約
おうち割 光セット 適用外 適用外 適用外
1年おトク割
(~1年)
-1,000円 -1,000円 -1,000円
合計
(~1年)
6,480円 5,480円 5,480円
3人合計
(~1年)
17,440円
合計
(1年~)
7,480円 6,480円 6,480円
3人合計
(1年~)
20,440円

※すべて税抜

 

 

ドコモ、au、ソフトバンクの3人合計を比較した場合(2年間)

 

ドコモ
家族3人合計
au
家族3人合計
ソフトバンク
家族3人合計
1ヶ月 18,040円 23,950円 17,440円
2ヶ月 18,040円 23,950円 17,440円
3ヶ月 18,040円 23,950円 17,440円
4ヶ月 18,040円 23,950円 17,440円
5ヶ月 18,040円 23,950円 17,440円
6ヶ月 18,040円 23,950円 17,440円
7ヶ月 21,040円 23,950円 17,440円
8ヶ月 21,040円 23,950円 17,440円
9ヶ月 21,040円 23,950円 17,440円
10ヶ月 21,040円 23,950円 17,440円
11ヶ月 21,040円 23,950円 17,440円
12ヶ月 21,040円 23,950円 17,440円
13ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
14ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
15ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
16ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
17ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
18ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
19ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
20ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
21ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
22ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
23ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
24ヶ月 21,040円 26,500円 20,440円
合計 486,860円
605,400円
454,560円
    最高値
最安値

※すべて税抜

 

家族3人×24ヶ月(2年)の総合計で比較してみると、僅差でソフトバンクが一番最安値になりました。

 

意外なことにauが突出して高くなってしまったのが不思議。

 

ドコモの新料金プランも残念ながらソフトバンクのプランには今一歩及ばず、中途半端感が否めませんね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ドコモの新料金プラン【ギガホ】【ギガライト】が発表されたことにより、何が変わるのかということと、私の家族(3人)に各社の料金プランを当てはめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

個人的にはドコモの旧プランへの乗り換えを考えていただけに、今回の発表はとても残念なものでした…。

 

料金プランが多少値下がりしたところで、やっぱり機種代金の割引サポートが適用されなくなるのはツライものがあります。

 

ドコモ、au、ソフトバンクの高い月額料金って結局のところ機種代金込みという前提のもと成り立っていたようなものですからね。

 

そうなってくるとやっぱり格安SIMを検討したくなってくるのも必然というものでしょう。

 

あとは2019年10月参入予定の第4のキャリア・楽天に期待するしかないのかな?

 

これはしばらく様子見に徹したほうがよさそうです。

速報
スポンサーリンク
いっしゃんをフォローする
こちらの記事もおすすめです!
逆転いっしゃんログ

コメント