アニメ「放課後さいころ倶楽部」2話感想!翠が美姫にデレた!

漫画・アニメ・映画

アニメ「放課後さいころ倶楽部」観てますか?

 

放課後さいころ倶楽部

 

今回は美姫にデレる翠ちゃんに注目です。

 

 

スポンサーリンク

翠が美姫にデレた

 

 

翠が美姫にデレてましたね…委員長はどうやら可憐な少女に弱いと見た。

 

第1話でチーム結成したこともあり、翠は美姫のことを随分と気に入っている模様。

 

逆に可憐とは真逆の馴れ馴れしさを持つコミュ力モンスター・綾に対してはちょっとウザそうに接していたように見えた。

 

はやくも2対1の構造になってしまうのか…ちょっぴり心配だけどコミュ強・綾にはそんなものは何の障害にもならないか。

 

とはいえ、どちらかというとコミュ障の美姫が翠をこうもカンタンに籠絡してしまうとは…これが北風と太陽というヤツなのか…?

 

自ら「翠」と呼ぶよう言ったところ、美姫はとても恥ずかしそうに「翠ちゃん」と言う…そりゃ頭も撫でるよね。

 

この可憐な恥じらいこそ、「翠ちゃん」攻略の鍵なのかもしれない…だから綾はもっと美姫を見習ってみるといいと思う。

 

そしたら公式から「翠ちゃん」呼びが公認されるかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

放課後なら学校でもゲームしちゃう…それが放課後さいころ倶楽部

 

 

翠的には放課後なら学校内でもアナログゲームしちゃってもいいそうです…個人的には持ち込みすらNGのような気もするんですけど。

 

翠ちゃん得意のロジックの抜け穴ってやつなのかな…校則の隅々まで把握してそうでこあい。

 

というか普段からアナログゲーム持ち歩いてるんですね…しかも複数忍ばせてたし…想像していた以上にアナログゲームへの愛が強い。

 

親の影響もあるようですが、これは本人の資質によるところが大きいのかもしれない。

 

それにしても放課後の学校でアナログゲームをプレイするJKって…今の日本に彼女達のような過ごし方をするJKがいるとはとても思えない…でもそこがいい。

 

これからは放課後の学校でプレイする展開がメインになってくるのかな…お店には土日しか行けませんからね。

 

ある意味これが本当の「放課後さいころ倶楽部」のスタートなのかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

ごきぶりポーカー

 

 

今回のアナログゲームは「ごきぶりポーカー」でしたね。

 

前回の「マラケシュ」のようなボードゲームではなく、今回はカードゲーム…しかも相手を騙すヤツです。

 

そして意外なことにこの「ごきぶりポーカー」は美姫ととても相性がいい…なぜなら相手の顔色を伺うことが得意だから。

 

人付き合いが苦手な反面、その分自己防衛本能として「相手の顔色を的確に伺う」というスキルを身に着けたようです。

 

逆に、極端に相性が悪かったのは、綾。

 

基本的にウソをつくのがヘタクソ…おそらく綾は相手を貶めること全般が苦手なんだと思う。

 

それは人としてとても貴重な美点だと思うけど…「ごきぶりポーカー」においてはクソの役にも立たねえ…クソが。

 

一方、綾とお近づきになりたいクラスメート・田上は、残念ながらすべてにおいて裏目に出てばかりでしたね。

 

綾に忖度しているわりには、ファーストアタックとラストアタックをきっちり入れてましたからね…しかも自分自身も負けたくないという。

 

もっと徹底的に忖度したらんかい。

 

そんな中途半端なことしてるから綾に誤解されるんやで…?

 

ただし、綾は女性として肝心な部分が鈍感にできてるみたいだから、ちょっと時間がかかるかもしんない…頑張れ。

 

今回の「ごきぶりポーカー」はそんな人間関係を浮き彫りにするのにとても手頃なゲームだったように思います。

 

 

スポンサーリンク

楽しい帰り道

 

 

美姫の「いつもの日常」は少し変わった「新しい日常」へと移行…そして「楽しい帰り道」で幸せを噛みしめることができた。

 

なんかいいですよね…こういう描写って。

 

友達とワイワイしながらの下校時間って今思えば本当に貴重な時間だったなぁ…今回のシーンを見て一瞬頭がトリップしてしまいました。

 

こういう日常の中のなにげないワンシーンをさらりと描ける作品ってなかなか貴重だと思うんですよね。

 

特に美姫という内向的なキャラクターがこの幸せを実感できたことは、見ていてとても喜ばしいものがありますね。

 

これからもこういったシーンが描かれることを期待したいです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

アニメ「放課後さいころ倶楽部」第2話「これはゴキブリです!」を視聴した感想について書きました。

 

目まぐるしかった1話目に比べると、今回の第2話は少しゆったりとした時間が流れていたように思います。

 

放課後の学校で友達と集まってアナログゲームをプレイする…とんだ飛び入り参加者もいましたが、なんとも贅沢な時間ですよね。

 

美姫にデレる翠も良かった…もっと仲良くなってエエんやで?

 

逆に綾さんにはもう少し恋愛について勉強していただきたいところです…田上、頑張れ。

 

次週もとても楽しみです。

 

以上、アニメ「放課後さいころ倶楽部」第2話の感想でした!

 

アニメ『放課後さいころ倶楽部』感想一覧 2019年10月~
↓↓見逃してしまった人は↓↓

Amazonプライム

コメント