薬が合わず猫の体重減が止まらない!糖尿病の治療を食事療法へ

うちの猫が糖尿病になってから、はや3週間。

薬がとにかく合わなくて、ご飯もあんまり食べなくなってしまった。

食べないもんだから、体重はみるみる減っていく・・・。

まさに悪循環に陥っているこの状態。

なんとかならないもんなんでしょうか?

うちの猫には血糖値を下げる薬がとにかく合わない

うちの猫はⅡ型糖尿病なので、血糖値を下げる薬をあげないといけないのですが、未だに薬が合わないようで、気がつけばもう3週間も経過。

最初は弱い薬を1日1回あげていたのですが、まったく効果が見られず。

次は体重相応の強めの薬に変更して1日1回あげるように変更したけど、今度は餌をほとんど食べなくなってしまったので断念。

じゃあ今度は弱めの薬にして1日にあげる回数を増やそう、ということで続けていたのですが、徐々に餌を食べる量が減ってしまい、またしても断念。

とにかく薬が合わない。

体重の減少が止まらない

薬を飲むとぐったりとして餌も食べない、というような状態が続いてしまったので、猫の体重減少が止まりません。

最初は7.9キロあった体重がこの3週間で6.2キロにまで減少。

もともと体が大きく、太り気味だったので、今くらいの体重がベストなんじゃない?

なんて考えてみるも、それはあくまでも今みたいに減り続けなければ、の話です。

まずは体重の減少を食い止めなければ。

薬による治療はやめて完全に食事療法へ

かかりつけの動物病院で血糖値と体重を計ったところ、血糖値は悪化、体重は減少という最悪の結果に。

体重も減って、食事もあまりとらないため、ぐったりとした状態のため、さすがに先生も心配になってきたようです。

あげている薬について説明を聞くと、効果は猫によるので、効くときはほんとうに良く効くし、効かないときは全然ダメ、とのことでした。

ウチの猫さんの場合は後者で「全然ダメ」なパターンのようです。

とにかくまずは食べることが一番大事ということなので、薬での治療はやめて病院おすすめの餌を購入、食事療法でしばらく様子をみることになりました。

この餌が気に入ればいいんだけど、果たして食べるのだろうか?

動物病院おすすめの餌、はたして食べてくれるのか?

動物病院おすすめの餌ですが、今のところモリモリ食べてくれてます!

良かった!

ちなみに今回動物病院で買った餌はこちらになります↓↓

https://bluebuffalo.com/ja/all-natural-cat-food/natural-vet-diet/wu-dry-food-for-cats/

「ブルーバッファロー WU体重&尿路ケア・サポート」という獣医師専用の療法食です。

一般販売はしておらず、動物病院などからしか購入できないようですね。

800グラムと2キログラムの2種類の大きさがありますが、今回ははじめてなのでまずは800グラムのものを購入しました。

ところでブルーバッファローとは?

ブルーバッファロー BLUE LPF シニア 猫用 室内 チキン&玄米 2kg

ブルーバッファローとはアメリカにあるドッグフード、キャットフードを製造・販売している会社です。

アメリカの本社オフィスは犬と猫の遊び場

ドッグフード、キャットフードを作っているブルーバッファローのアメリカ本社では、社員達の愛犬、愛猫がいたるところで遊んだりくつろいだりしているそうです。

一説には社員たちよりも多いのではないか?ともいわれているそうですね。

ブルーバッファローの社員は筋金入りの愛犬家、愛猫家

ブルーバッファローの社員は会社の様子からもわかるとおり、筋金入りの愛犬家、愛猫家達で構成されています。

そんな彼らは愛犬や愛猫のことを「ペット」としてではなく「家族」として考えいます。

フード開発のきっかけは愛犬「BLUE」の病気

ドッグフード、キャットフード開発のきっかけとなったのは、愛犬「BLUE」の病気がきっかけだそうです。

この病気をきっかけにして、大切な家族である愛犬、愛猫の様々な健康問題に真剣に向き合い、犬猫の栄養に詳しい専門家と力をあわせて開発したのが、健康的なフード「BLUE」なんですね。

健康フード「BLUE」とは?

健康フード「BLUE」には、

  • 高品質の鶏肉
  • 高品質のラム肉
  • 高品質の魚
  • 全粒穀物
  • 野菜
  • 果物

がたっぷりと含まれており、獣医師やブリーダーが推奨する栄養分を与えることができます。

それ以外にもドッグフード、キャットフードに含まれるライフソースビッツには様々な工夫がなされています。

  • コールドプロセス製法により、抗酸化栄養素とその他の栄養素が、栄養価を高く保持したままバランス良く配合
  • 酸化バランスを健康的に保つために必要なビタミン類、ミネラル類、抗酸化栄養素を含んでいる
  • 愛犬、愛猫の本来の免疫力維持を助ける
  • 鶏や家禽の副産物ミールは一切使用せず、自然派の酸化防止剤のみ使用
  • アレルギーを引き起こす可能性があるコーン、小麦、大豆も未使用

まとめ~糖尿病になるまえにフードを見直しましょう~

薬が合わず、動物病院のおすすめの療法食「ブルーバッファロー WU体重&尿路ケア・サポート」での食事療法に切り替えることになりました。

今回のことで考えさせられたのは、やっぱり餌って大事!ということです。

今はまだ健康だとしても、いつ病気になるかなんて、はっきりいって分かりませんからね。

とりあえずウチの猫は餌をブルーバッファローに切り替えて様子を見ることになりましたが、あなたの愛猫も病気になってしまう前に、キャットフードを一度見直してみてはいかがでしょうか?

ブルーバッファローは「30日返金保証」がついているものもありますので、まずはお試しに購入してみるのもいいと思いますよ。

返金保証つけるぐらいだから、よほど自信があるんでしょうね。

今はとにかく、その自信がたよりです。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク