転売屋ざまあ!ミニスーファミ予想に反した大量販売で転売価格暴落

2017年10月5日に、任天堂から「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」こと「ミニスーファミ」が発売されましたね!

以前に発売された「ミニファミコン」が全然在庫がなくて、転売による価格高騰が相次いだことから、今回の「ミニスーファミ」の事前予約分はあっという間に完売してしまいました。

しかし、発売当日の10月5日は予想に反して「普通に買えた」という声が多数上がっており、かなりの数の人が当日予約なしでも購入できたようですね。

予想外の販売数に当てが外れてしまったのが転売屋。

というわけで、大量販売の影響による転売屋の状況について書いてみました。

気になるかたは記事本文をチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

事前予約は売り切れ続出

ミニスーファミは1年前に発売されたミニファミコンに続く、「ニンテンドークラシックミニ」シリーズの第二弾です。

ミニファミコン発売時はあっという間に売り切れてしまい、その後追加販売されることがなかったために、転売による価格高騰が相次ぎました。

定価5,980円(税込6,458円)のミニファミコンに対し、転売価格が3万円近くにもなるケースもありました。

そんな経緯があったからか、今回のミニスーファミに関しては、事前予約が殺到。

あっという間に「売り切れ報告」が続出しました。

発売当日の10月5日は?

事前予約できなかった人は、発売日に店頭で買い求めるしかありませんよね?

そんなわけで、発売当日の10月5日には日本各地の家電量販店で長蛇の列が見られました。

予想に反して大量販売

あっと言う間に在庫がなくなるのかと思いきや、発売初日は行列に並んだほとんどの人がミニスーファミをゲットできたようです。

中には18時以降でも普通に在庫が残っていたお店もあったようなので、今回のミニスーファミは前回のミニファミコンと違い、当日の販売出荷数を相当増やしたものと思われます。

でもやっぱり売り切れる

相当な数を用意していたので、売り切れることはないのでは?

といわれてましたが、やっぱり売り切れてしまいましたね。

任天堂は販売を継続すると宣言している

今回のミニスーファミは、前回のミニファミコンと違って発売前から販売を継続すると宣言しています。

だから今回購入できなかったからといって、あきらめることはありません。

ちなみにミニファミコンも追加販売が決定しています。

転売価格はどうなった?

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン+USB ACアダプター

転売ヤーによる転売価格はどうなったのでしょうか?

店頭での出荷台数が予想に反してかなり多かったことから、転売価格について気になるところですよね?

amazonでは12,000円程度

amazonではミニスーファミは早々に売り切れてしまったため、さっそく転売ヤーによる高値販売が出てきています。

とはいうものの、定価7,980円に対して12,000円程度であれば、前回のミニファミコン程ひどくはないのかもしれません。

ヤフオクでは9,800円~35,000円程度

ヤフオクでは次のような価格でオークション出品されています。

  • 一番最高値で35,000円程度(1台あたり)
  • 一番最安値で9,800円程度(1台あたり)

中には5台セットで64,000円(1台あたり12,800円)という出品者も見かけました。

メルカリでは9,800円~26,000円程度

メルカリでは次のような価格で出品されています。

  • 一番最高値で26,000円程度
  • 一番最安値で9,800円程度

中には一度だけ遊んで9,000以上で出品しているものも多数見かけました。

転売価格の多い価格帯は12,000円~15,000円程度

この記事を書いている時点(2017年10月7日)で一番よく見かけた転売価格帯は次のとおりです。

  • 12,000円~15,000円

定価7,980円の約1.5倍~1.8倍の価格となっています。

コレを高いと見るか、安いと見るかは人によって違うでしょうが、思っていたよりも価格高騰は抑えられているように感じませんか?

かといって買うことを推奨しているわけではありませんけど。

次回の出荷はまだ未定

なんだかんだで売り切れたミニスーファミですが、次回の出荷予定についてはまだ正式な情報は発表されていません。

つまり未定。

クリスマスあたりにドカンと出荷するのでしょうか?

早く次回出荷を発表して、転売ヤーを駆逐してほしいところです。

まとめ

2017年10月5日に、任天堂から発売された「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の出荷台数が予想以上に多かったことから、転売屋(転売ヤー)について気になったので書きましたが、いかがだったでしょうか?

なんだかんだで、ミニスーファミが売り切れてしまったことから、転売屋による出品が出てきてしまいました。

しかしミニファミコンの頃に比べると価格高騰は比較的おさえられているようなので、私個人としては任天堂にバンバンと追加で出荷してもらって、転売屋の息の根を止めてほしいところです。

本当に欲しい人が適正な価格で手に入れられないなんて絶対におかしいですからね。

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク