夏の猛暑に有効な熱中症対策グッズ!人気のおすすめ冷却ベスト7選

日本の夏は暑すぎてもうたまらん!

実際、ほんとうにたまらん日本の夏の猛暑ですが、いちばん気をつけたいのが「熱中症」!

暑さで朦朧(もうろう)としているうちに気がつくと重度の熱中症になってしまった!というようなケースも少なくありません!

最悪の場合、命に関わるケースもあることから、熱中症対策はとても重要です!

そんな熱中症対策として最も有効な対策グッズとして「冷却ベスト」が挙げられます!

というわけで、

  • 大手通販サイトamazonでレビューの良い、おすすめの【冷却ベスト】【予算15,000円以内】

の中から特に評判の良いものを厳選してみました!

気になるかたは記事本文をチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

1. 熱中症対策グッズ 冷却ベスト 上位モデル アイスハーネス アイスパック(保冷剤)3個付き

夏の猛暑によるヒートストレスから少しでも開放されるよう考案されたオリジナル冷却ベスト「アイスハーネス」です!

  • Rバンテージ構造による「抜群のフィット感」
  • 面ファスナーの微調整により身体の効果的な部位(背中と脇の下)に的確に保冷剤を当てることができる「抜群の冷却効果」

インナーとしてもアウターとしても着装できるデザイン性と、前後に装備された反射材により視認性にも優れたアイスハーネスは、熱中症対策に効果抜群の冷却ベストとなっていますよ!

2. BRAIN(ブレイン)爽快くん メッシュベスト BR-536

メッシュ生地で作られた通気性抜群の保冷ベスト・爽快くんです!

6個の保冷剤をメッシュ生地のクールベストに装着することで、暑い場所での作業やアウトドアにおすすめの冷却ベストとなっています!

最大4時間の冷却効果を持続できますので、2着用意して交互に着用すれば一日中快適に過ごすことができますよ!

3. クールベスト(保冷剤3個付)

マジックテープ付きのメッシュ袋に入れられた保冷剤を、ベスト本体の内側の好きなところに装着できるクールベストです!

冷蔵庫でひんやりと冷やした保冷剤を、状況に応じて好きな場所にマジックテープで貼り付けることができるので、夏の屋外や倉庫内などの作業での効果は抜群!

リーズナブルな価格設定となっているので、数着まとめて購入しておくと安心ですよ!

4. 作業用メッシュ冷却ベスト アイスV アイスパック(保冷剤)3個付き

凍らせた保冷剤をベストに入れ、からだの熱を奪うメッシュベスト・アイスVです!

通気性がよく、軽量かつ抗菌・防臭機能が半永久的に続くミューファンを使用したメッシュ素材を採用!

銀糸のため熱伝導率がよく、ベスト全体にアイスパックの効果をもたらしてくれるんですよ!

冷却持続時間も4~6時間と長く、交換用に別途アイスパック3個セットを用意しておけば、さらに長時間の持続が可能となっているのでおすすめです!

5. HyperKewl(ハイパークール)米国陸軍正式採用の冷却技術服 クールタンクトップ

米国TechNiche社が開発した蒸発冷却技術を利用した画期的な冷却服・クールタンクトップです!

水に1~2分ほど浸し、やさしく水を切って着用すると、約5~10時間もの長時間にわたって冷却効果が持続!

もし水が乾いたらまた水に浸せば同じように冷却できるのでとてもカンタン!

米国陸軍や韓国警察隊、米国ハーレーダビッドソン社、ドイツBMW社の2輪部門や、アディダス社にもOEM供給するほどの人気!

世界50カ国で1年間に約250万着も販売される人気のクールタンクトップとなっています!

6. BRAIN(ブレイン)アイスバックハーネス

背中に速乾性素材「クールマックス」を採用、ダブルラッセルの通気性とあわせて快適な着用感を実現したアイスバックハーネスです!

背中と脇のポケットには専用冷却材が入っており、速乾性素材によりさらさらと快適にからだを冷却してくれるんですよ!

別売りのカイロを入れば冬には防寒ベストとしても使えますよ!

7. HyperKewl クールベスト Ultraスポーツベスト

蒸発冷却技術を利用した画期的な冷却服・Ultraスポーツベストです!

水だけの力でからだを冷却、「節電・停電・熱中症対策」を経済的に実現できるだけでなく、ランニングやサッカーなど、動きの激しいスポーツをするときにも身体の動きを妨げません!

世界50カ国で1年間に250万着も販売されるほどの人気と実績を誇るクールベストとなっていますので、夏の熱中症対策にとてもおすすめですよ!

まとめ

猛暑の熱中症対策に役立つ人気のおすすめ「冷却ベスト」について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回は「実用性&コスパ重視」ということで【予算15,000円以内】の中から厳選してみました!

デザインや冷却効果、持続時間などを自分にあった冷却ベストを選択して、夏の猛暑の中でも快適に過ごしてやりましょう!

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク