地震や大雨災害に備えたい!準備すべきおすすめ防災グッズ7選

最大深度6弱の「大阪府北部地震」、西日本に豪雨をもたらした「平成30年7月豪雨」など、災害はいつ、どのような形で起こるかわかりません。

そんな災害時に役に立つのが「防災グッズ」!

しかし「防災グッズ」は災害が起きてからでは入手することがとても困難なんですよね!

というわけで「防災グッズ」は災害時に備えて、平穏なときに準備しておくことがおすすめ!

そんな「防災グッズ」でぜひ準備しておきたいものを厳選してみました!

気になる方は記事本文をチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

1. 驚異の防臭袋 BOS(ボス)非常用トイレセット 50回分

地震などの災害で水道や電気が止まってしまった時にいちばん困ることのひとつに「トイレ」をどうするのか?ということが挙げられます!

ご近所さんやコンビニ、公園などで借りられればいいのですが、そんな時にはまわりも同じ状況だったりして「トイレ難民」状態になることも少なくありません!

BOS非常用トイレセットはそんな状態に陥ってしまったときに、心強い防災グッズとなっています!

【快適・衛生】

  • 廃棄ができなくても臭わず快適!菌も漏らさず衛生的!

【簡単・便利】

  • 水や電気を使わない!設置も後処理も簡単!一人ですぐに使える!

【省スペース】

  • コンパクトで備蓄に便利!余ったスペースに収納可能!

使わないに越したことはありませんが、いざというときのために予め用意しておくと、とても心強いですよ!

2. 5年保存の非常食・防災グッズ18種類セット(3日間満足セット)

本当に3日間食べて考えられた非常食と防災グッズ、合計18種類をセットにした3日間満足セットです!

地震などの災害が発生すると、コンビニやスーパーなどの食料品はあっと言う間に枯渇してしまいます!

そして後からネットで買おうとしても「売り切れ」「価格高騰」「入荷日未定」など、ほんとうに欲しいときに適正な価格で手に入れられなくなる可能性も!

そんな時に備えてこの「3日間満足セット」を用意しておけば、いざという場面が起きた時にも心強いですよ!

栄養バランスや食べ飽きにくさを考慮した18種類の非常食セットとなっていますので、災害時に備えてあらかじめ確保しておきたいところですよね!

3. 志布志の自然水 非常災害備蓄用 (2L PET×6本)×2箱 (5年保存水)

災害時には何かと入り用になるもの、それは「水」!

「水」はいざ災害が発生すると、カップラーメンや離乳食などの食べ物、トイレの洗浄、身体をタオルで拭ったりと、様々な場面で必要となってくるんです!

でも、そんな大切な「水」は災害時になると、店頭から真っ先に姿を消してしまうんですよ、これが!

だったら、あらかじめ災害に備えて用意しておくしかありませんよね?

4. イワタニ カセットフー 達人スリム(薄型コンロ・高さ74mm)CB-AS-1

地震などの災害が発生すると電気やガス、水道の供給がストップしてしまうことがありますよね?

私が過去に阪神淡路大震災で被災したときには、電気は大丈夫だったのですが、ガスと水道が半月近くストップしたことがあり、本当に大変でした・・・。

そこで毎日のようによく使っていたものの一つにカセットコンロがあります!

電子レンジやオーブントースターなどでも調理可能なものはありますが、カセットコンロが稼働しない日は全くありませんでした!

そんな災害時に役立つカセットコンロにはカセットガス(カセットボンベ)が欠かせません!

カセットガス(カセットボンベ)は災害時になると真っ先に売り切れてしまいますので、これも水と同様、あらかじめ買い揃えておきたいところですね!

5. INSKO FMラジオ機能付き 手回し発電 キャンピングソーラーライト

地震などの災害で停電で電気の供給がストップしてしまうと、夜の明かりの確保に困る可能性も当然ありますよね?

さらには、テレビやネットなども使えなくなると、スマホからしか情報が得られない!なんてこともあり得るわけです!

そんなときに役に立つ防災グッズが「キャンピングソーラーライト」なんです!

キャンピングソーラーライトは次の8つの機能が集約された災害グッズとなっています!

ソーラー発電

  • 停電になっても、日中は太陽光でソーラー発電!

LEDデスクライト

  • 180度調整可能なLEDデスクライトで手元を明るく照らす!

手回し発電

  • 長時間の停電時でも手回し発電で使える!

LED懐中電灯

  • 災害時には欠かせない懐中電灯が明るい省電力LEDで使える!

USB充電

  • USB充電に対応しているので、パソコンやモバイルバッテリーからも充電可能!

FMラジオ

  • FMラジオのボタンを長押しすると自動的に受信できる放送局を検索!

スマホ充電

1500mAhのバッテリーを内蔵しているので、USBポートからスマホの充電が可能!

緊急サイレン

  • サイレンとフラッシュライトで災害時のSOSに!

一家に一台あると災害時に心強いですよ!

6. TSSIBE モバイルバッテリー ソーラーチャージャー 24000mAh 二個 LEDランプ搭載

「iPhoneX」や「Galaxy S8」を6回、「iPad Air」なら3回までフル充電できる大容量24000mAhのモバイルバッテリーです!

ソーラーパネルを搭載しているので、ソーラーチャージャーにも対応!もし停電になってしまっても、太陽の光で発電できるので災害時にも心強いんです!

2つの明るいLEDライトも搭載しているので、急な停電が起きてもすぐに明かりを確保できます!

災害時にはスマホはより重要な通信手段となりますので、とにかく充電を切らさないためにも、このような大容量のモバイルバッテリーがあると安心ですよ!

7. 非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット

福島県の被災企業が考案製作!体験したからわかる必要なもののみを厳選し、体験をもとにしたハザードマニュアルも付いたリュックタイプの防災36点セットです!

個別に防災グッズや非常食を揃えることももちろん大切ですが、いざ自宅から避難しなければならなくなったときに、何が必要になるのか選別するのはとても大変ですよね?

その点、このリュックタイプの防災セットなら、過去の災害の経験をもとに厳選された防災グッズがリュック一つにまとめられているので、いざというときに迷うことがありません!

迷いを減らせる分、別のところにエネルギーを注力できるので、ぜひ常備しておきたいところですよね?

まとめ

地震や台風などに備えておくと心強い「防災グッズ」について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

防災グッズはふだんは使うことがないため、災害がない穏やかな日々においてはどちらかというと「邪魔」に感じることが多いですが、いざ災害が発生したときには「準備しておけばよかった!」と間違いなく後悔するものでもあります!

2018年6月18日に発生した大阪府北部地震(最大震度6弱)のときには、我が家は何の防災グッズも用意しておらず、耐震対策も不十分だったことから、それなりの被害を受けることになってしまいました。

幸いなことに家族と猫が怪我をするような事態にはなりませんでしたが、改めて防災意識に対する重要さを改めて実感した次第です!

みなさんもぜひ、災害に備えて防災グッズの準備をしておきましょう!

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク