「24時間テレビ 感動」で検索したら感動的な記事は一つもなかった

8月

2018年8月25日(土)から8月26日(日)にかけて放送された毎年恒例の、「24時間テレビ『愛は地球を救う』」。

 

私は最後の30分程度の時間だけ、チラっと観た程度でした。

 

しかもスマホを観ながら。

 

ちょうどタレントのみやぞんさんがゴールしたあたりでした。

 

とりあえず2018年の24時間テレビはどんな内容だったのかな?

 

と思い、ネットで「24時間テレビ 感動」というキーワードを試しに打ち込んで検索したところ、驚くべき検索結果が出てきました。

 

 

スポンサーリンク

上位はすべて「感動ポルノ」

 

 

「24時間テレビ 感動」で検索したところ、検索結果1ページ目に表示される10個の検索結果のうち7個の記事タイトルに「感動ポルノ」という単語が含まれていました。

 

検索結果の2ページ目、3ページ目を開いても、やはり「感動ポルノ」という単語はどこかしら必ず登場してきます。

 

どうやら世間の目から見た「24時間テレビ」は次のような公式ができあがっているようですね。

 

24時間テレビ=感動ポルノ

 

 

スポンサーリンク

「感動ポルノ」はいつから言われだした?

 

 

「24時間テレビ 感動」で検索結果上位を占めた「感動ポルノ」という言葉。

 

いつの間にか当たり前のように使われている感じがしますが、いったいいつから言われだしたのでしょうか?

 

調べてみたところ、次の番組内での発言がきっかけのようです。

 

 

きっかけは、NHK Eテレ「バリバラ~障害者情報バラエティー~」

 

 

「感動ポルノ」という言葉が一気に広まることになったきっかけとなったのは、2016年8月28日に放送された次の番組です。

 

NHK Eテレ「バリバラ~障害者情報バラエティー~」

http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html%3Fi=239

 

ちょうど24時間テレビの裏番組として放送された「バリバラ」が、この日に放送した内容は「検証!『障害者×感動』の方程式」。

 

そこで「24時間テレビ」を「感動ポルノ」として批判したことが、大いに話題を呼び、いっきに「感動ポルノ」という言葉が広がることになったようです。

 

 

スポンサーリンク

批判は「感動ポルノ」だけではない

 

 

「感動ポルノ」と批判されることがもはや当たり前のようになった「24時間テレビ」。

 

しかし、批判される理由は他にもたくさん挙げられるんですよね。

 

  • 出演タレントには高額のギャラ、一般人には謝礼程度
  • なぜジャニーズ?
  • 番組の企画内容への疑念
  • マラソンの不正疑惑
  • 寄付金の使い道

 

変な方向へと舵を切り続けているせいか、「24時間テレビ」への風当たりが年々高まっているように感じられます。

 

 

スポンサーリンク

2013年以降は寄付金の減り方が顕著

 

 

年々高まる批判とは裏腹に、メインの目的であるチャリティーに関しては、2013年以降からの減り方が顕著になっています。

 

第36回 2013年(平成25年) 15億4,522万6,444円
第37回 2014年(平成26年) 9億3,695万5,640円
第38回 2015年(平成27年) 8億5,672万8,209円
第39回 2016年(平成28年) 8億8,748万2,001円
第40回 2017年(平成29年) 6億9,915万3,512円

 

特に昨年の2017年については、番組終了間際に発表された中間発表においても、前年2016年に比べて1億円以上も少ない結果の約1億2,902万円でした。

 

その結果、寄付金総合計の金額も歴代3番目の低さとなっています。

 

 

2018年の寄付金はどうなる?

 

 

今年も批判が多かったことから、寄付金総額が心配されるところでしたが、意外や意外。

 

2018年24時間テレビの放送中の中間発表では、前年2017年の中間発表時の1億2,902万円をはるかに上回る金額が発表されました。

 

2018年の中間発表「2億6,787万5,910円」

 

やっぱりみやぞんのトライアスロンが効いたんでしょうか。

 

この中間発表時の金額なら順当に行けば、2014年の寄付金総額「9億3,695万5,640円」に到達する可能性もありますね。

 

 

40年間の寄付金総額は372億円超

 

 

1978年から始まった「24時間テレビ」ですが、前年の2017年でちょうど第40回を迎えました。

 

その間に集まった寄付金の総額は次のとおりです。↓↓

 

372億5,395万5,817円

 

なんだかんだいっても、やっぱりテレビ局の力は大きいものですね。

 

これらの寄付金は経費を一切差し引くことなく、全額が支援に活用されるとのことです。

 

 

スポンサーリンク

「感動ポルノ」と批判されてもいい、継続することが大切

 

 

40年間で約372億もの寄付金を集めた「24時間テレビ」。

 

  • 「感動ポルノ」
  • 「出演タレントには高額のギャラ、一般人には謝礼程度」
  • 「なぜジャニーズ?」
  • 「番組の企画内容への疑念」
  • 「マラソンの不正疑惑」
  • 「寄付金の使い道」

 

このように様々な批判はあるかと思いますが、私としては継続することはとても大切だと思っています。

 

こういった取り組みを続けていくための「継続性」を確保するためには、やはりテレビ局自体もしっかりと「利益」を確保しなければならないのでしょう。

 

  • おいしいCM収入
  • チャリティー番組なのに支払われる高額なギャラ
  • 話題性作りが見え見えの理不尽な長距離マラソン(2018年はトライアスロン)

 

テレビ局の利益を確保しつつ、寄付金を集めを毎年継続。

 

私はとても意義のあることだと思います。

 

でも、こうも思います。

 

「番組内容がもっと良ければ」と。

 

いつか「24時間テレビ 感動」で検索したときに、感動的な記事が上位に表示される日を期待したいと思います。

コメント