Appleアカウント情報を更新してください!の迷惑メールに注意

件名「Apple アカウント情報を更新してください!」

Appleからこんなメールが届きませんでしたか?

ビックリマークまで付けてなんだか緊急性が高そうな感じがしますね。

もうおわかりかと思いますが、これはAppleを騙った迷惑メールです。

こういったメールに慣れている人からすると、「またか」って感じでしょう。

しかし、慣れていない人にとっては「ドキッ」とする内容なのではないでしょうか。

というわけで、「Apple アカウント情報を更新してください!」がどんなメールなのか実際に調べてみました。

気になる方は記事本文へどうぞ!

「Apple アカウント情報を更新してください!」はどんなメール?

上記画像は、件名「Apple アカウント情報を更新してください!」のメールを実際に画像キャプチャーしたものです。

内容を書き出すと次のとおりです↓↓

アカウント情報を更新してください! 

親愛なるApple IDユーザー、

アカウントを復旧する前に確認する必要があります。確認が完了していない場合は、アカウントがロックされます。クリックして確認を完了してください。

安全なマイアカウント

ご理解いただきありがとうございます。

Appleサポート

サポートを利用してください。 アップルのサポートにより、 製品の詳細を確認したり、最新のソフトウェアアップデートをダウンロードしたり、他のユーザーとヒントを共有したりすることができます。 さらに、  Appleに問い合わせる顧客に最も適した方法を選択することもできます 。

著作権©2017
すべての権利を保有  /  プライバシーポリシー  /  Appleのサポート  /  検証の将来の登録解

件名とタイトルにはアカウント情報を更新と書いていますが、メールの本文には「アカウントを復旧」とか「確認」とか、少し違った内容が書かれています。

ページ内のリンクをクリックして確認しないと、アカウントがロックされるそうです。

この手のメールは本当に、アカウントロックが好きですよね。

「Apple アカウント情報を更新してください!」の差出人は?

このメールの差出人情報は次のとおりです。

  • 差出人(表示名) Apple ID
  • メールアドレス japanappleid.support@developerunlocked.com

メールアドレスは少し長いですが、最もらしいドメインと名前を付けていますね。

これだけで真偽を判断するのは少し難しいかもしれません。

ページ内に埋め込まれたリンクはどうなってる?

ページ内にあるリンクは全部で5つ。

上から、

  • 安全なマイアカウント
  • アップルのサポートにより、
  • すべての権利を保有
  • プライバシーポリシー
  • Appleのサポート

となっています。

リンク先URLは次の通りです。

安全なマイアカウント

http://ow.ly/MZiF30eGApo

アップルのサポートにより、

http://ow.ly/MZiF30eGApo

すべての権利を保有

http://www.apple.com/jp/legal/

プライバシーポリシー

http://www.apple.com/jp/privacy/

Appleのサポート

http://www.apple.com/jp/support/

次の2つのリンク、

  • 安全なマイアカウント
  • アップルのサポートにより、

は同じリンク先となっています。

そして次の3つのリンク、

  • すべての権利を保有
  • プライバシーポリシー
  • Appleのサポート

これらは本物のAppleのページのURLがリンク先となっています。

「安全なマイアカウント」「アップルのサポートにより、」のリンクをクリックすると?

「安全なマイアカウント」と「アップルのサポートにより、」は同じリンク先(http://ow.ly/MZiF30eGApo)となっています。

では、このリンクをクリックするとどうなるのでしょうか?

クリックしてみました。

セキュリティーソフトとブラウザーによって、しっかりとブロックされちゃいました。

つまんない結果でごめんなさい。

本物のAppleページへのリンクを織り交ぜるケースが増えてきた

今回のメールのように、本物のAppleのページへのリンクを織り交ぜるケースも徐々に増えてきているようです。

このように巧妙化が進んでいることもあり、騙されてしまう人が増えているのも、なんだか頷けますね。

まとめ

件名「Apple アカウント情報を更新してください!」メールについて書きましたが、いかがだったでしょうか?

Appleを騙った迷惑メールの目的は、あなたのApple IDのアカウント情報を盗み出すことです。

今回のメールについてまとめると次のとおりです。

  • メールの件名は緊急性を煽るものとなっていて注意を引きつけられる
  • 差出人のメールアドレスはそれなりに信憑性があり、真偽の判断をつけにくい
  • メール本文は少し文章がおかしいが、見過ごす可能性が高い
  • メール内の5つのリンクは本物のAppleページへのリンクも織り交ぜていて巧妙
  • 偽のリンク先は幸いセキュリティーソフトでブロックされた

そこそこ出来のいい?迷惑メールだと思います。

今回の場合は、メール内のリンクをクリックしてもセキュリティソフトでブロックされました。

少しでも怪しいと思ったメールは絶対に開かずに、速やかに削除するように心がけて下さいね。

「お使いのApple IDのパスワードがリセットされました。」の前編に簡単にですが、迷惑メールの見分け方と、おすすめのセキュリティソフトを紹介していますので、よければチェックしてみてください。

「お使いのApple IDのパスワードがリセットされました。」 こんなメールが届いたことはありませんか? ...

もしまだセキュリティソフトを入れてないのであれば、必ず入れることをおすすめします。

おすすめのセキュリティソフトは「ウイルスバスタークラウド」です。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
>>ウイルスバスター 保険&デジタルライフサポート3年版

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク