Adobe「お支払が確認できませんでした」という迷惑メールに注意!

件名「お支払が確認できませんでした」というメールを受信したことはありませんか?

差出人はAdobe。

Adobeといえば「Photoshop」や「Illustrator」などのソフトが有名ですが、私はそれらのソフトは一切使用していないので、今回のメールに関しての心当たりが一切ありません。

とうわけで「お支払が確認できませんでした」メールについて調べてみました。

気になる方は記事本文をチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

件名「お支払が確認できませんでした」はどんなメール?

上の画像は実際に受信したメールを画面キャプチャーしたものになります。

実際の本文をテキストに書き起こしたものは次のとおりです。

お支払いが確認できませんでした

Document Cloud のお支払いが確認できませんでした。引き続きサービスをご利用いただくためには、お支払い方法を含むお客様の登録情報をご確認の上、更新をお願いいたします。

お客様のアカウント情報は、下記「アカウントの管理」ボタンから更新いただけます。

こちらをクリックして、ご請求を詳しく説明してください:

http://www.adobe.com/jp/account/19214

アカウントを更新することで、引き続きソフトウェアやサービスをご利用いただけます。

今後とも アドビ製品をご愛用いただきますようお願い申し上げます。

Adobe Document Cloud チーム

******************************************************************

Adobe, the Adobe logo, the Adobe PDF logo, and Acrobat are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

(C) 2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

Registered Office: Adobe Systems Software Ireland Limited, 4-6 Riverwalk, Citywest Business Park, Dublin 24, Ireland. Registered number: 344992

申し訳ございませんが、本メールは送信専用です。この製品についてご質問がある場合は、Adobe のラーニングおよびサポートページをご利用ください。Document Cloud アカウントにアクセスするには、「マイプラン」をご覧ください。

見に覚えのない支払いについてメール本文で煽って、埋め込まれたリンクをクリックさせるように誘導している内容となっています。

内容自体はもっともらしい文章となっているので、人によってはあまり違和感なく「ポチッ」とリンクをクリックしてしまうかもしれませんね。

というわけで実際にリンクをクリックしてみました。

「お支払が確認できませんでした」のリンクをクリックしてみると?

メール内には1ヶ所だけリンクが埋め込まれています。(上の画像の赤枠部分)

  • http://www.adobe.com/jp/account/19214

しかし、実際に埋め込まれているリンクURLは表示されているテキストとは異なるアドレスとなっています。(下記)

  • http://om.rjmdreamweaver.com/

リンク先ページは、おそらく個人情報を盗み出すための入力フォームが用意されていると思われます。

というわけで、実際にクリックしてみたところ、次のような画面となり、目的のページに接続されることはありませんでした。

リンク先のページは既に削除されたようで、残念ながら目的のページを確認することはできませんでした。

「お支払が確認できませんでした」の差出人は?

今回の迷惑メールの差出人の表示名とメールアドレスは次のようになっています。

  • メールの表示名:Adobe
  • メールアドレス:message@adobe.com

表示名、メールアドレスともに差出人情報として、とても本物っぽく偽装していますよね。

かなり頑張ってる?印象を受けます。

まとめ

件名「お支払が確認できませんでした」という迷惑メールについて、調べてみましたがいかがだったでしょうか?

メールの内容や差出人情報、メール内のリンクテキストなど、どれも本物っぽい雰囲気が出ており、ぱっと見ただけではメールの真偽の判断がつきにくいかもしれません。

身に覚えがない時点でほぼ迷惑メール確定なのですが、今回のような迷惑メールはなかなか判断に迷うところもあり、メールを削除するのも少し躊躇してしまうかも。

このような時は信頼性の高いセキュリティーソフトを導入しておけば心配無用です。

おすすめは「ウイルスバスタークラウド」です。

ウイルスバスター クラウド

「ウイルスバスタークラウド」を入れておけば、このような迷惑メールに悩まされることもありません。

安心と時間を低コストで導入できる、とてもコスパに優れたセキュリティーソフトとなっています。

ウイルスバスター クラウド

では、良いネットライフをお過ごしください!

こちらの記事もおすすめです!
スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク