【公共料金請求書データ送付の件】という迷惑メールに注意!

件名 424850【公共料金請求書データ送付の件】

というメールが送られてきました。

あきらかに迷惑メールなのですが、最近のものにしては手口がかなり古い印象を受けますね。

この迷惑メールは一体何が狙いなのか?

というわけで、この迷惑メールについていろいろと調べてみました。

気になる方は記事本文をチェックしてくださいね!

424850【公共料金請求書データ送付の件】はどんなメール?

上記画像は実際に送られてきたメールを画像キャプチャーしたものになります。

内容を書き出すと次のとおりです。

お疲れ様です。
平成03年10月分の公共料金請求書データーをお送り致します。
請求書をご確認の上、支払伝票に必要事項を入力 し
返送をお願い致します。
お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。

どこの誰から送られてきたのか?

メール本文には全く送信者の情報が記載されていません。

また平成03年10月分の公共料金とか言ってますが、それって何年前やねん?と思わずツッコミを入れてしまいそうになりますよね!

内容はさておき、このメールには埋め込みリンクなどがない代わりに、あやしいファイルが添付されています。

03_10_7154.xlsという謎の添付ファイル

424850【公共料金請求書データ送付の件】メールには次の名前のファイルが添付されています。

  • 03_10_7154.xls

念の為ウイルスチェックをかけてみましたが、問題なし。

多分マクロウイルスが仕掛けられているんだと思いますね。

一昔前に猛威をふるったマクロウイルスが、ここ数年急増しているという話もありますからね。

開こうかどうか迷いましたが、今回はやめておきます。

触らぬ神に祟り無し。

424850【公共料金請求書データ送付の件】のメールの差出人は?

このメールの差出人はどのような相手なのでしょうか?

差出人のメールアドレスは次のとおりです。

  • ktuzukiyama-enti@kbh.biglobe.ne.jp

とくに独自ドメインをとっているわけではなく、プロバイダのメールを使っているようですね。

見知らぬメールに添付されたエクセルファイルを開いてはならない

今回の迷惑メールはあからさまに怪しい内容となっているため、ほぼ迷うこと無く削除できるレベルのものでした。

しかし、メール本文がもっと巧妙に書かれた文章だった場合はどうでしょうか?

思わず内容を確認するために、添付されているエクセルファイルを開いてしまうんじゃないでしょうか?

この手のメールに添付されているエクセルファイルはセキュリティーソフトの防護機能が反応しないケースが少なからずあるので、気付かずに開いてしまう可能性が高くなっています。

エクセルファイルに仕込まれたマクロウイルスはとても危険ですから、どうしても気になる場合は周りに聞くか、然るべきところに問い合わせするかしてから、処理を行うようにしましょう。

だから見知らぬメールに添付されたエクセルファイルは絶対に開いてはいけませんよ。

セキュリティーソフトは入れておくこと


怪しいメールに添付されていた怪しいエクセルファイルがセキュリティーソフトで防げないからといって、セキュリティーソフトが不要だということでは決してありません。

セキュリティーソフトは私たちが気がつかないうちに様々な脅威から守ってくれているのです。

セキュリティーソフトは日々新しい情報を取り入れて常に進化していきます。

だからセキュリティーソフトを常に最新の状態に更新し、適切に運用していればほぼ問題はありません。

おすすめは「ウイルスバスタークラウド」


様々な脅威から守ってくれるおすすめのセキュリティーソフトは何か?

と聞かれたら、「ウイルスバスタークラウド」と私ならそう答えます。

「ウイルスバスタークラウド」は日本で最も売れている人気のセキュリティーソフトで、その信頼性は絶大なものがあります。

「ウイルスバスタークラウド」を1本購入するだけで、スマホ、タブレット、PCなどの端末が合計3台までセキュリティー防護できるんですよ!

もしセキュリティーソフトをどれにするか迷ってらっしゃるのでしたら、「ウイルスバスタークラウド」がおすすめです!

ウイルスバスター クラウド

まとめ

424850【公共料金請求書データ送付の件】という迷惑メールについていろいろ調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

このメールの主な目的は添付のエクセルファイルを開かせてウイルス感染させることだと思われます。

このようにエクセルファイルが添付されている迷惑メールの場合、メールを開かないことはもちろんですが、添付ファイルを絶対に開いてはいけません。

また相手先のメールアドレスもプロバイダから提供される個人メールとなっているので、心当たりがないのでしたら、メールを開かずにすみやかに削除してしまいましょう。

くれぐれも不用意に開くことのないよう、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク