ソフトバンクショップでiPhone8に機種変更したときの様子を書いてみた

みなさんはiPhoneの機種変更はどのように行っていますか?

今はネットからでも機種変更が可能なのですが、その日のうちにiPhone8を手に入れたいときには、やっぱりショップに足を運ぶのが一番手っ取り早いです。

私の家族は全員ソフトバンクのiPhone8を使っているのですが、今回はソフトバンクショップでiPhone8に機種変更したときのことについて書いてみました。

結論から申しますと、不信感だらけの機種変更でしたけどね!

気になる方は記事本文をチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

ソフトバンク光の勧誘がしつこい

スマホ(iPhone8)への機種変更に来ただけなのに、まず最初にはじまったのがソフトバンク光の勧誘。

こちらとしては、さっさと機種変更を終わらせて、家でスマホのデータの移し替え作業に取り掛かりたいところなのですが、この勧誘が思っていた以上にしつこい。

この勧誘だけで10分くらい時間を取られたと思います。

確かにスマホとセットでソフトバンク光を契約すれば、月額料金の割引が適用されてお得なのですが、ソフトバンク光にするとプロバイダーの変更を余儀なくされてしまいます。

ソフトバンク光のプロバイダーは「Yahoo!BB」のみ

現在のプロバイダーを引き継ぐことができれば問題ないのですが、ソフトバンク光の場合、利用できるプロバイダーは「Yahoo!BB」の一択のみとなります。

私の場合、Apple IDのアカウントにプロバイダーのドメインを使ったメールアドレスを利用しているため、Apple IDのアカウント情報を変更しなければなりません。

また、Apple ID以外にも様々なサービスでそのメールアドレスを利用しているため、いざ変更するとなるとかなり大変な作業が必要となります。

上記のような理由から「ソフトバンク光へ変更する気はない」と伝えたところ、ソフトバンクショップ店員が放ったのが次のひとこと。

「メールアドレスなんて変わっても全然問題ありませんよ」

は?

いや、問題ありありでしょ。

正直、別のお店に変えようかな、と思いました。

しかし、他のお店ではiPhone8Plusの在庫がなかったために、このお店に流れ着いたんですよね~。

iPhone8「256GBのほうが月額が安くなりますよ」というウソ

Apple iPhone8 A1906 (MQ842J/A) 256GB スペースグレイ 【国内版 SIMフリー】

最大20,000円までの割引が適用される「DM割引」なるものがソフトバンクから送られてきたので、事前にネットで割引の手続きを済ませておいたんですね。

ソフトバンクから「最大20,000円割引 + 優先受取特典」というDMが届きました。 iPhoneご利用中の方なら最新機種がいち早...

機種変更予定の機種と割引額

  • 私:iPhone8 Plus(64GB) →5,000円割引
  • 妻:iPhone8 Plus(64GB) →5,000円割引
  • 子:iPhone8(64GB) →5,000円割引

ショップ店員に割引の件について伝えて返ってきたのが次のひとこと。

「256GBのほうが月額が安くなりますよ」

は?

またおかしなことを言い出したな!

【ソフトバンクDM割引】64GBは5,000円、256GBは20,000円の割引

「DM割引」で適用される割引額は、64GBが5,000円割引に対し、256GBは20,000円割引となっており、その差額は15,000円。

たしかに割引額が大きい256GBのほうがお得な感じですが、64GBよりも月額が安くなるということはありません。

機種代金の実質負担額(24ヶ月)の総額

機種 容量 実質負担額(24ヶ月)
の総額【DM割引前】
実質負担額(24ヶ月)
の総額【DM割引後】
iPhone8 Plus 64GB 38,640円 33,640円(-5,000円)
256GB 57,120円 37,120円(-20,000円)
iPhone8 64GB 26,880円 21,880円(-5,000円)
256GB 45,120円 25,120円(-20,000円)

DM割引で64GBと256GBの機種の実質負担額(24ヶ月)の差は大幅に縮まりましたが、256GBのほうが64GBよりも安くなる、というような逆転現象が起こるわけではないんですね。

お得感は256GBのほうがあるのですが、私の家族の場合、256GBの容量があっても使い切ることはまずありませんし、使っているパソコンの保存容量がそれほど多くないことから、64GBで十分なんですよね。

しかしこの店員、なぜ平気でこんなウソをつくのか?

不信感がつのるばかりです。

システムの都合上?機種変更先取りプログラムを解約することに

機種変更の手続きも終盤に差し掛かり、もう少しで終わりそう、となったころにショップ店員が次のようなことを言い出しました。

「機種変更先取りプログラムの継続の手続きがシステムの都合で本日(日曜日)はできないようです。」

は?

前回の機種変更時に加入した「機種変更先取りプログラム」を引き続き契約し続けるための処理がシステムの都合上、その日のうちにできない、ということらしく、機種変更の手続きも完了できない、ということだそうです。

家族全員のスマホを一斉に機種変更するべく、日時を調整した上でショップに訪問した結果がこれ?

店員がいうには、

「機種変更先取りプログラムを継続した上で機種変更をするためには、3日後にまたショップまで足を運んでいただく必要がある」

ということだそうです。

しかし3日後の平日では家族のスケジュールが合わない。

どうしてもその日のうちに機種変更を済ませたかったので、その旨を店員に伝えたところ、次のような回答が。

「機種変更先取りプログラムを解約していただければ、本日中に機種変更していただけます。」

とにかく、さっさとその日のうちに機種変更を済ませたかったので、先取りプログラムの解約に応じることに。

しかし、あとから知ったのですが、そこに罠があったんです。

機種変更先取りプログラムを解約すると、それまで払ったお金がすべて台無し!

機種変更先取りプログラムとは、次の機種変更のために毎月300円を支払って積み立てるプログラムです。

前回の機種変更時に加入したのですが、その時のショップ店員の説明によれば、

「機種変更時にプログラムを使えば積み立てた分は割引されるし、使わなければ返金される」

ということでした。

ただし、今回のように自分から「解約」してしまうと、割引も返金も受けられないのです!

これまでこつこつと機種変更先取りプログラムに払い続けてきたお金がすべて台無しになってしまったんですね!

  • 300円(プログラム) × 3台 × 24ヶ月 = 21,600円

DM割引で合計15,000円の割引を受けられたものの、機種変更先取りプログラムで21,600円の損失。

そしてここで一つの疑問が。

ほんとうにシステムの都合の問題だったの?

機種変更先取りプログラムの継続の手続きが、システムの都合上できないなんてことが本当にあるのか?

ということについて、今更ながら疑問(というよりも不信感)をいだいています。

おそらくはショップ店員がついたウソなんじゃないかと。

接客マニュアルにそういう指示でもあるのでしょうか?

まとめ

iPhone4の登場からソフトバンクに乗り換えて以来、ずっとソフトバンクを利用し続けているのですが、機種変更を重ねるたびにソフトバンクショップに対する不信感がつのっているような気がします。

特に今回のショップ店員はひどかった。

  • しつこいソフトバンク光の勧誘 → ほんとしつこかった
  • メールアドレスなんて変更しても問題なし → じゃあ、お前のメアドを変更してみろ
  • 256GBのほうが月額が安くなる → そんなわけない
  • 機種変更先取りプログラム疑惑 → おそらくショップ店員のウソ

次の機種変更時はどうなることやら。

ただし、iPhone4からiPhone5に機種変更したときのショップ店員さんの対応は良かった。

  • お試しでいろいろなプログラムが契約されているが、すぐに契約を解除するべきプログラムを手書きメモで渡してくれた
  • 月額の通信容量のプランについての説明を店員さんの実体験をまじえてわかりやすく説明してくれた
  • とにかく親切丁寧でわかりやすかった

あの時の店員さんにはほんとうに感謝しています。

またどこかでお目にかかれたらいいなぁ。

ソフトバンクショップの店員には当たりハズレがありますので、みなさんもお気をつけくださいね。

こちらの記事もおすすめです!



スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク